よくある質問

よくある症状

ここではよくある症状と考えられる疾患・状態を Q&A として掲載しております。
ご自身の症状と照らし合わせてみてください。


歯の症状
歯が痛い
歯髄炎、歯周病、噛み合わせ不良
冷たいものがしみる
虫歯や歯周病、知覚過敏等
噛むと痛い
歯髄炎、噛み合わせ不良、歯根膜炎等
夜寝る時に痛い
歯髄炎
歯が動きぐらつく
根尖性歯周病、歯周病、噛み合わせ不良等
食べ物がはさまる
虫歯、歯周病、歯牙破折、歯間離開等

歯肉の症状
出血がある
歯周病、血液疾患、高血圧等
腫れている
歯周病、根尖性歯周炎、のう胞、薬の副作用等
口内炎ができる
感染、ビタミンやホルモンの異常等
白くなっている
扁平苔癬、白板症、腫瘍等

口唇の症状
かさぶたが出来る
口唇炎(ビタミンBの欠乏,アレルギー,唇をなめる癖等)
口唇の周辺に水泡
ヘルペス(単純疱疹、帯状疱疹等)
口唇が腫れる
前歯の根尖性歯周炎、粘液のう胞等

舌の症状
口内炎,潰瘍ができる
感染,外傷,ビタミン欠乏等
赤く平滑になっている
貧血,口腔乾燥,ビタミン欠乏等
割れ目やしわがおおい
溝状舌(先天的,加齢的,その他)
痛くてひりひりしみる
舌痛症,口内炎,腫瘍,舌扁桃肥大等

入れ歯について
どれくらいで作れるの(期間)
1回目:型取り、2回目:歯の高さを決める、噛み合わせの型取り、3回目:並べてきた歯を見てもらう(試適)、4回目完成週1回来て頂いたとして1ヶ月ぐらいはかかります。
(前に技工所がある為、期間はもう少し縮めることは出来ます)
料金は
保険に入れば3割のご負担で上下作って1万6千円程です。


訪問診療

寝たきりであったり、障害をお持ちであったりと介護する側からのご相談もございます。

Q.寝たきりの母の入れ歯が合わなくなって困っています。
  歯医者さんが往診してくれると聞いたのですが、どうすればいいのでしょう?
A.まずはお元気な時に義歯を作ってもらった歯科医に相談してみて下さい。
  また現在では、地域の歯科医師会に訪問歯科診療の担当窓口があります。
  そこに連絡を取られたらいいでしょうし、介護保険を利用しておられるなら、直接ケアマネージャーに相談されてもいいでしょう。
Q.寝たきり老人の介護をしています。
  高齢者の肺炎の原因と口腔内の汚れに関係があると聞きましたが?
A.高齢者に発病する肺炎の原因の多くは、口腔内雑菌を気管から肺に誤嚥(ごえん)する誤嚥性肺炎
  です。寝たきりの高齢者、慢性呼吸器疾患、糖尿病などの方は口腔清掃状態が悪く感染しやすい
  状態になっています。病原性細菌を誤嚥によって気道内に侵入し肺炎を発病してしまうのです。
  お口の中の清掃(口腔ケア)をしっかりと行うことによって、誤嚥が生じても口腔内雑菌が肺の中
  に入ることが少なくなり、肺炎を引き起こすことが防げます。
Q.夫は胃ろうカテーテルによる経管栄養で口から食事を取っておりません。
  このような場合でも口を清潔にする必要があるのですか?
A.口で食事をしないからといって口腔ケアが必要ないというわけではありません。
  使わない口には自浄作用がありませんので、歯や口の中を清潔にしておかないと細菌の
  かたまりであるデンタルプラークが増殖して大変不潔になります。
  「使わない口がもっとも汚い」ということを念頭に、お口を清潔に保つよう心がけて下さい。
  清潔なお口は誤嚥性肺炎の予防につながるだけではなく、口臭を防いで社会的な孤立
  (寝たきりの原因)を解消する効果もあります。

(毎日新聞より抜粋)


フッ素

Q. フッ化物とキシリトールやリカルデントとのう蝕予防効果の違いは何ですか?
A. 再石化された歯質を比較すると、キシリトールやリカルデントによる場合よりフッ化物に
よる方が強い耐酸性を獲得すると考えられます。
Q. いろいろなフッ化物応用法を組み合わせることは有効ですか?
A. はい、いろいろなフッ化物応用法を組み合わせることは有効です。
Q. フッ化物応用の際に完全な歯口清掃が不可欠ですか?
A. いいえ、フッ化物応用に際し、歯口清掃はかならずしも不可欠な前処置とはいえません。

『フッ化物応用とう蝕予防のQ&A』


おかしいな?と感じたら、まずは気軽にご相談ください。